« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

久々のネタ

相変わらずののんびりブログ更新ですが、今日は読売新聞から久々にネタがやってきました。
8歳の女の子が自分のDVDの発売を記念して秋葉原で撮影会をしたんだって。んで、そこでお母様手作りのビキニ姿もご披露したとか…お母様曰わく、「ビキニなら赤ちゃんのころから着ていますし、過激な格好はさせませんから大丈夫」だって〜。
一方、昨日の記事では同じく8歳の男の子が母親に連れられて瞼を二重にする手術で「かっこよくなった」と喜ぶ画像が某有名美容外科のHPに流れているとか…
以上の記事は読売新聞で2月13日から連載している゛子ども…消費゛という特集。興味をもたれた方は是非読売のホームページで他の記事もチェックしてみて下さい。他にも驚く話が載ってましたが、この二つの記事が非常にショックだったのでご紹介しました。
この8歳の子どもたち、この子どもたちを取り巻く身近な大人たちがどうなって行くのかも追跡できたらしてみて欲しいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まめっちょ第17回目

今回から2才のA君が仲間入りしました。おもちゃで遊ぶのが楽しくて、わらべうたの時間も遊び続けてました。お友達のS君も一緒に来てくれたので、いっそう楽しかったようですね。まずは楽しいおもちゃのある所と馴染んでもらえれば良いのです。わらべうたは気が向いた時にすれば良いですし、何よりお家でお母さんと一緒に楽しんでもらえるのが一番ですので…。

*今回のうた*

♪ゆきはいっしょう♪ … スカーフを雪にみたてて、静かに手渡します。いつもは♪ちゅっち  ゅっ こっこ♪などの楽しいうたで渡していくことが多かったのですが、静かな雰囲気もすんなりと受け入れてくれました。

♪ちゅっちゅっ こっこ♪
♪にぎり ぱっちり♪
♪じー じー ばぁ♪
 … もう、すっかりお馴染みのスカーフ遊び。Y君が全身で嬉しそうにスカーフを振っている姿はとっても可愛いかったです。

♪ダイドー ダイドー♪ … 数ある顔遊びの中でも、美人さんになるおまじないのうたです。

♪ぎっこん ばっこん♪ … おふね漕ぎではなく、木こりさんのうたです。最後のズイッコチョンという音が楽しい。

♪あっちゃ なげ こっちゃなげ♪

♪ゆびきり かまきり♪

♪あし あし あひる♪ … まだこの遊びは無理かなと思っていたら、みんな上手におかあさんの足の甲にのれました。これも私の好きな遊び(しかも、絶対便利な遊び!)

♪おにさのるすに♪ … 節分は終わりましたが、横抱きでおかあさんに揺すってもらいました。

♪うまはとしとし♪

♪赤い花 白い花♪ … この子守唄も皆さんマスターしてしまいましたね。体をお母さんに預けて安心している様子は子供が大きくなった私にはうらやましい光景です。

では、

♪さよなら あんころもち

 また きなこ!♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日は節分

今日は節分ですね。ということは明日は立春…のはずが、何でしょう!!この大雪!!朝起きてみてびっくりです。これはもう、鬼も来ないだろうなんて思ったりもしますが、豆まきはしないとね。

鬼が出てくるわらべうたもありますし、もちろん、昔話にも欠かせない存在です。それだけ、人の生活に鬼が近しかったということでしょうか。真の暗闇もなく、あやしげな森や池もなく、鬼が近くにいる実感が乏しくなった私たちですが、鬼も神もまったくいない世界は寂しい気がします。豆まきなんて、形ばかりのものと言えばそれまでですが、鬼や福の神の存在を忘れ去らないように続けていきたいものです。

ということで、鬼のわらべうたを

♪おにさのるすに まめいってがらがら

こんな短いうたですが、子どもと手をつないでジャンプするだけで大喜びします。

♪ひーやふーやのやまみちを とおってあるくははなこさん

 やまのどてはくずれた あかおにさんびき にげだした

 はやくにげろやはなこさん

これってこのうたの通りだったら、すごーく怖いと思いませんか?が、子どもたちはうたの意味なんて何のことやら、ただただ楽しく遊びます。3年生の娘が通う小学生のわらべうたのクラスでも一番の人気の遊びです。基本は二人1組での門くぐりの遊びですが、門に挟まれた後、門役の人たちに「○○と××、どっちが好き?」と質問されその答えによって、左右どちらかの門の人の後ろにつながります。みんな終わって、門の後ろについてからがお楽しみ。鬼の元締めのうたで、門の人を先頭に引っ張りあいっこです。

♪じーごく ごくらく えんまさんのまえで

おきょうをよんで はりのやまに とんでけ!

しかし、こんな題材までうたにしてしまう、昔の人の感性ってすごいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »