« わらべうた  おもちゃ編(ちょっと脱線) | トップページ | まめっちょ 4回め »

わらべうた  おもちゃ編2(脱線し続けてます)

おもちゃがきっかけとなって、いろいろな世界が広がった私としては、もう少しおもちゃ話をしていきたいと思います。

前回の記事の前半に、おもちゃ選びについて、ちょっと批判めいたことを書いてしまいましたが、思えば、私も百町森さんのカタログに出会わなければ、不満を感じつつ、手近に手に入るおもちゃに甘んじていただろうと思います。とにかく、情報がなければ、存在も知らないのは当たり前ですし、実際にこういったおもちゃを見たこともない人だってたくさんいるでしょう。という訳で、今回はおもちゃを取り巻くあれこれを考えてみます。

1、情報がない

今でこそ、ナチュラルライフのカリスマさん達のお宅の写真が雑誌などにのると、ニキティキ系のおもちゃが写っていたりして、目にする機会も増えたように思います。(ただし、ネフの積み木などは解説文がなければ、おもちゃだと気がつかないかもしれない、と思ったりします。)とはいえ、まだまだ大手の出版物やマスコミに登場する事はほぼ皆無なので、知らない人の方が多いのが現状でしょう。かといって、派手な宣伝を打つのも似つかわしくないのですが…この入り口が、一番難しい気がします。

2、見たこともない

写真では見たことがある人でも、実物を見たことのある人は少ないのでは、と思います。もちろん、そもそも興味のない人もたくさんいますが、興味を持ったとしても、近くに取り扱うお店がある、知り合いがもっている、よく行く児童館などにある、など恵まれた条件がない限り、実物を見ることは難しいでしょう。私も、自分や周りの友達が買った物以外は、まめっちょ(松戸の)で初めて見たものもたくさんありました。子育て中はご近所が主な行動範囲となることを考えると、これらのおもちゃを目にする機会は少ないように思います。せめて公共の子供が集まる場所に、これらのおもちゃがあったらいいのにな~、と思うのです。長く使えるし、修理可能だし、なくなったパーツだけ買うことも出来るし…ちなみに、うちの近くの児童館はカプラがあります。欲を言えば、もっと数が欲しい所ですが、多くの人の目に触れられることだけでも、よしとしよう!(って、えらそう?)

3、高い!

さて、実物も見た、これは良さそうだ、で、いざ値段を見てびっくり!これが子供のおもちゃの値段か?という方も現実に多いのではないでしょうか。確かに高いのです。私には、ホイホイとは買えません。しかし、それでも尚、メリットもあるのです。まずは、品質の確かさです。これはブランド物バッグなどを愛好されている方には頷いてもらえるのではないでしょうか?少々、乱暴な扱いをしても滅多に壊れるものではないですし、上に書いたように、万一壊れてもほとんどが修理可能です。松戸のまめっちょでは10年来、同じものを使い続けているそうです。第二に美しさです。前回、インテリアがどうこうと書きましたが、ヨーロッパのおもちゃはお家のインテリアを損なうことはないと思います。だからこそ、カリスマさん達もお好きなのでは?第三、第四は、おいそれとは買えないことで発生するメリットです。まず、おもちゃのしまい方に差がでます。おもちゃ箱に投げ込むなんてことは、とても出来ませんので、結果、きちんと箱に納めるか、棚に飾るようになるのです。棚に飾るように収納すると、次に子供が手にとって遊びやすくなります。もう一つは、親が欲しくて買うので、そのおもちゃで親が子供と遊ぶ機会が増えることです。特に小さな子供は、親が一緒に遊ばない限り興味は長く続きません。そのためにも、子供が欲しがる安易なおもちゃばかりを次々に与えるのではなく、親自身も楽しめる物で一緒に遊んだ方が子供にとってどれだけ嬉しいでしょう?という訳で、使用頻度は高くなるので、結局のところお得だと私は思います。あ、ついでに、孫の代まで使えるはずなので、更にお得ですよん♪

|
|

« わらべうた  おもちゃ編(ちょっと脱線) | トップページ | まめっちょ 4回め »

わらべうた つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/299947/6649773

この記事へのトラックバック一覧です: わらべうた  おもちゃ編2(脱線し続けてます):

« わらべうた  おもちゃ編(ちょっと脱線) | トップページ | まめっちょ 4回め »