« わらべうた散歩 | トップページ | わらべうた さあ、どうする?編 »

わらべうた  ほんとに使える!編

まめっちょのおかげで、たくさんのわらべうたを覚え、遊ぶことが出来るようになったわけですが、その中でも毎日の生活の中で当時の私に役にたったものを紹介します。

♪あし あし あひる♪

  あし あし あひる

  かかとをねらえ

自分の足の甲に子供の足を乗っけて、歩き回る遊びです。実際に見てみないと、ちょっとわかりにくいですね。例えば、トイレに行かせたいのに、行ってくれないときなどに、この遊びに誘って、乗ってくればトイレまで連れていったりしました。他にも、お風呂、玄関、等々…ちなみに松谷みよこさんの「モモちゃん」の絵本シリーズにも似たようなお話がありました。

♪うまはとしとし♪

  うまはとしとし ないてもつよい

  うまはつよいから のりてさんもつよい

子供をおんぶして、かけ足で走ります。「のりてさんも つよい」の後に”ぱっかぱっか”と飛ぶのがまめっちょ流。これが子供にはたまらないらしく、何回でも繰り返したがります。乗っけている側は重労働なんですがね(^^;)こちらは、上の♪あし あし♪よりももっと時間がないときによくやりました。なにせ、おんぶしてしまえば、こちらのもの。歌いながら、はねながら、親の行きたい方向にまっしぐらです。お外から帰りたくないときなどによくやりました。おかげでうちの子たちはおぶわれるのが上手になり、私が支えてなくてもしがみつけるようになりました。(サル?)今、あまりおんぶしている人はいませんが、手は自由に使えるし、上手にしがみついてくれると重くないので、腰への負担もあまりないし、抱っこよりも楽だと思うんですよね~。下の子の妊娠中に通っていた産婦人科のおじいちゃん先生にも、「妊娠中は抱っこはイカン!おんぶしろ」といわれました。

他にも、いろいろなお役立ちわらべうたがあるのですが、また次の機会に…

いづれにしても、気の短い私には、なだめたり、説得したり、機嫌が直るのを待つより、体を張ってわらべうたをした方が、精神衛生上、良い!ということだったのでしょうね…。 

|
|

« わらべうた散歩 | トップページ | わらべうた さあ、どうする?編 »

わらべうた つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/299947/5962319

この記事へのトラックバック一覧です: わらべうた  ほんとに使える!編:

« わらべうた散歩 | トップページ | わらべうた さあ、どうする?編 »